新着情報  TOP  営業日&マップ  小史  全店紹介  店内風景  通販

名物 カツ丼   パリ丼   冬の味覚 カキフライ  メニュー  PHOTO広場
   

カツ丼は大正10(1922)年2月、
早稲田高等学院の学生・中西敬二郎さんが考案した、
というのが定説である。

この丼メシはよほど日本人の口に合っていたのだろう。
2ヶ月後には、東京銀座や日本橋の食堂が早くも品書に取り入れ、
夏には玉子とじカツ丼の姿となって大阪道頓堀に現れたという。

もっとも異説があって、

大正6年に『(早稲田)正門前の鶴巻町を少し行った右側』の
『余りパッとしない食堂』でソースカツ丼を食べた
という早稲田高等予科(当時)学生の証言もあり、
また、『どんぶり探偵団』は、
その食堂の主人・高畠増太郎さんの存在をつきとめている。

ドイツでの料理修行を終えた高畠さんは、大正2(1913)年に
東京で開かれた料理発表会で創案のソースカツ丼を披露し、
早稲田鶴巻町の自店で売り出していたのだ。

カツ丼の先駆者は高畠さんなのである。
と記しても、同時代で先駆者であった中西さんの栄誉を傷つけることにはなるまい――。
文春文庫『ベスト オブ 丼』(1990年刊)より
 創業当時の風景 昭和40年代の風景

大正2年11月28日
 (1913年)



大正6年3月


大正12年9月

大正13年1月
東京都早稲田鶴巻町(新宿区)にヨーロッパ軒誕生
 屋号はヨーロッパで修行したことに由来します。
 当時としてはハイカラな屋号でした。

神奈川県横須賀市追浜に出店。
横須賀港百年祭に臨む。

関東大震災により灰燼と化し郷里福井に帰る。


総本店所在地 片町通りに福井ヨーロッパ軒誕生
 昭和14年敦賀分店をノレン分け第1号店として開店以来、
 優秀な料理人にノレン分けを行い、現在では
 福井市11店・敦賀市5店・春江・丸岡・神明の計19店舗で
 グループを構成。
 県内外を問わず、多くのお客様から親しまれる店として
 ご愛顧いただいております。