新着情報  TOP  営業日&マップ  小史  全店紹介  店内風景  通販

名物 カツ丼   パリ丼   冬の味覚 カキフライ  メニュー  PHOTO広場




福井では常識!
カツ丼の概念を変えるソースの味。
これがヨーロッパ軒の始まりでした。

当店創業者、高畠増太郎がドイツ・ベルリンの日本人倶楽部で
6年間の料理研究の留学を終え、明治45年帰国。
(天皇の料理番の秋山徳蔵氏も同期)


ドイツ仕込みのウスターソースを
日本人の味覚に普及さすべく
苦心を重ね、創案致しましたのが、
翌大正2年 東京で開かれた料理発表会にて
日本で初めて披露しました
『ソースカツ丼』でございます。

薄くスライスした上等のロース・モモ肉を、
目の細かな特製パン粉にまぶし、
ラード・ヘッドでカラリと揚げたカツを、
熱々のうちに
ウスターソースをベースに各種の香辛料を加えた
秘伝のタレにつけ、
熱いご飯にタレをまぶした上にのせたカツ丼です。

油臭さがなくサラリとした歯触りはもちろん、
ツーンとした甘み&酸味が醸すまろやかな口当たりは、
どなたにもおいしくお召し上がりいただけます。

この
『ソースカツ丼』が味わえるのは、
日本広しと言えども、
ここ福井の
『ヨーロッパ軒』だけ!
越前ガニや甘エビと並ぶ、
福井ならではの名物の1つとして人気を博しています。